5月に神楽坂の住宅街である矢来町に5月オープンした「ラ・グラティテュード」。こちらは神楽坂下のほうで長らく愛されてきたビストロ「ル・ロワズィール」が移転したものです。

IMG_9700


IMG_9722


ご夫妻はさらにさかのぼると牛込北町でラビチュードというレストランでやっていらっしゃいました。その頃はビストロブームで東京のいたるところで新しいビストロがオープンして料理を競っていたのを思い出します。牛込から四谷にかけてのエリアもそういえばビストロ密集地でした。

私もそのころは月に何度も友人たちと食事会やワイン会に招いたり招かれたりしていたものです。

さて、今回のお店は今までよりもこぢんまりとした印象で友人宅に招かれて食事をするような、よりアットホームな雰囲気で、すぐに気に入ってしまいました。

IMG_9723


ディナーコースは前菜とメインで3000円、デザートとコーヒーは別となりますので、両方とも注文すると4000円程度といったところで、無理のない価格設定ですね。

私が前菜に注文したのはこちら「田舎風お肉のパテ」。ビストロの定番メニューですね。

IMG_9701


IMG_9703


IMG_9705


厚みもありボリュームたっぷり。こういうメニューを注文するとそのビストロのクオリティーはすぐにわかりますね。もちろんビストロ歴の長いシェフですから結果は言うまでもありません。

今回はワインはグラスでそれぞれ注文しました。

IMG_9708


メインは牛ハラミ肉のステーキ。

IMG_9709


IMG_9713


火の通り具合、ボリューム、そして肉質ややわらかさなど、どれもちょうど良い感じです。

デザートとコーヒーも注文。

IMG_9718


妻はプリンを。

IMG_9716


家からも近いですし、かなり通ってしまいそうです。