香港での1泊目に選んだのはこちらのビジネスホテルです。決して宿泊費が安くはない香港、高いホテルを予約して夕方から早朝までしかいないのではもったいないのでこちらのホリデイイン エクスプレスをチョイスしました。

ホテルへはMTRの油麻地から徒歩で6~7分ぐらいとまずまずのアクセス。旺角には徒歩7~8分といったところでしょうか。周辺は店舗や食堂も多い地区なので短期の滞在にも何かと便利です。

IMG_8746


ホリデイ イン エクスプレスはホリデイインの中でも新しめのブランドで、グループの中でも一番安価な部類に属します。ただ単に安価というよりは宿泊に特化しサービスやアメニティを絞ることでシンプルにしたものです。おそらくは日本の東横インやスーパーホテルのサービスをかなり参考にしているのではないでしょうか。簡単な朝食が無料提供となっているのも同様です。

1万円前後になるとモーテルっぽいホテルしかないような都市ではこういうのができると本当に良いですね。ソウルとかは特にそう思います。

今回は5000ボーナスポイント(エリート加算対象ポイント)付与プランにしたので890香港ドルになりましたが、通常は600香港ドル程度で宿泊することができます。

IMG_8744


IMG_8745


同じ建物に2つのホテルが入っており、1階にはそれぞれのロビーがありました。

IMG_8803


IMG_8800


部屋は客室としては最上階の17階。さらに階段を上がると洗濯乾燥機や自動販売機があるようでした。

IMG_8799


まだ新しいホテルなので廊下もすっきりとしています。

IMG_8741


IMG_8741


IMG_8742


それでは部屋に入りましょう。大きさは約20平米。ベッドも大き目なもの。印象としては日本の宿泊特化型ホテルより少し上のラインを狙っている感じです。

IMG_8707


IMG_8712


IMG_8711


窓は三角形の床までの出窓となっており窓の形に合わせてソファが置かれています。この三角ソファが狭い部屋の中では効果的でした。視界はとなりのビルです(笑)。方角によっては視界が広がる部屋もあるようです。

IMG_8714


IMG_8715


IMG_8730


IMG_8722


カウンターと一体となったデスクもあります。

IMG_8717


カウンターにはコーヒーとお茶のセット、そして最近のホテルらしく機能的にコンセント等が並んでいます。

IMG_8738


IMG_8737


ベッドサイドには置時計もメモが。

IMG_8735


朝食は無料で、エクスプレススタートと呼ばれるセットメニューが5階の朝食会場で提供されます。

次はサニタリーエリアへ。客室とシャワーブースはガラスブロックで仕切られています。最近のこのクラスのホテルでは定番となりつつありますがバスタブはありません。

IMG_8731


IMG_8724


シャンプーやコンディショナーはなく全身ソープのみ。シャワーもハンドシャワーのみとなっています。水圧が今一つなのは残念です。洗面室への入り口の扉は90度回転してそのままシャワーブースの扉にもなります。

IMG_8704


IMG_8706


歯ブラシは何故かあります。

IMG_8726


クロゼットは奥行きは薄いですがそれなりのスペースは確保。

IMG_8721


ベッドの寝心地はこのクラスのホテルとしては悪くはなく室内も清潔、小さいながらも必要な機能と設備は一通りそろっており、思った以上に快適でした。海外で5000~10000円程度のホテルに宿泊すると結構なハズレにも当たったりしますので、そういう中では一定の品質が保てているという意味で価値はあるなあと思いました。