さて、今回のアムステルダムとマルタ旅行は羽田からパリまではJALのファースト特典旅行の利用です。

IMG_0046


ゲートは113番からの出発です。この便ではクラス毎にかなり厳密に優先搭乗が行われていました。やはりこうあってほしいですね。JALの場合、ノンステイタスの人が横入りすることも多いのですが、やはりそういう人には厳しくあるべきだと思います。

IMG_0048


座席は1列目の中央、夫婦で並びで座れる席です。一人なら外の景色を楽しめ気兼ねなく過ごせる窓側の席が良いと思いますが夫婦の場合はこちらのほうが何かと便利ですね。

IMG_0049


ちなみに窓側の1Aはこの日は空席でした。

IMG_0056


離陸前にアメニティが配られます。何とファースト用のロエベのアメニティポーチがきれているということでビジネス用のゼロハリバートンのポーチが配られました。私はたまたま年初のジャカルタ線でロエベのポーチを手に入れていますのでむしろバリエーションが増えてラッキーぐらいの気持ちだったのですが、楽しみにしていた人がいたとしたら残念でしょうね。もっともそんな声は聞こえなかったのでおそらくは何度か経験したことのある人ばかりだったのでしょう。

IMG_0054


CA曰く、ポーチは違いますが中の内容は同じです、とのこと。これはいけませんね。ロエベのキットもはいっていませんし内容的にはとても同じとは言えないものです。ちょっと細かいですがこの言い方は誠実でないと思います。

シートのサイドの物入れはちょっとしたカバンも入るほどのスペースがありとても便利です。

IMG_0057


離陸前にはウェルカムドリンクとしてシャンパーニュもしくはオレンジジュースがサービスされます。とりあえずはオレンジジュースをいただきました。

IMG_0059


離陸をして水平飛行に移りしばらくするとテーブルのセッティングがされました。

IMG_0063


食事の前にまずはこちらのような小皿が。

IMG_0064


そして最初のドリンクを何にするか聞かれます。もちろんJALのファーストクラスであれば最初はあのシャンパーニュでしょう。

食事の様子は次回よりご紹介します。