夫婦で世界と日本を旅する生活 - Traveling Life -

夫婦で世界と日本を旅するブログです。 エアラインはワンワールド・エメラルド、及びJALグローバルクラブ(JGC・JGP)を活用してJALやキャセイを中心に、ホテルは主にIHGスパイア・アンバサダーを活用して(インターコンチネンタル・ホリデイイン・インディゴ)系を利用します。

<JALファーストクラスの旅>
http://travelife.blog.jp/archives/cat_513275.html
<世界と国内のエアラインラウンジ>
http://travelife.blog.jp/archives/cat_513621.html

<IHG系ホテルの宿泊記>
インターコンチネンタル
http://travelife.blog.jp/archives/cat_513172.html
ANA ホリデイイン インディゴ
http://travelife.blog.jp/archives/cat_513606.html

<My favorite destination>
タイ・バンコク
ホテル:http://travelife.blog.jp/archives/cat_1121161.html
グルメ:http://travelife.blog.jp/archives/cat_1110858.html
沖縄・八重山
旅・ホテル:http://travelife.blog.jp/archives/cat_513193.html
グルメ  :http://travelife.blog.jp/archives/cat_513203.html

台北からの帰りはまずタイ航空ビジネスクラスにて韓国の仁川へ向かいます。 ビジネスクラスはJALのシェルフラットのようなシートですが、JALのそれと違うのはスペースが異様にゆったりしていることです。JALならこのタイプ、横7列押し込むところ6列で、通路も広くなっていま ...

1泊の滞在はすぐに終了し、帰りも台北桃園空港からになります。但し行きと同様のJALではなくタイ航空に搭乗しますので第1ターミナルからになります。 タイ航空のカウンターではプラザプレミアムラウンジのインビテーションカードを渡されました。当初はスターアライアンス系 ...

シャーウッド台北は松山空港にほど近い中山國中駅が最寄り駅です。ホテルに近い場所で朝食を食べたいと思い検索したところ、駅のすぐ近くに四海豆漿大王という豆漿屋さんの記事をいくつかのブログで拝見し、行ってみることにしました。 駅からは数分の距離です。 店内は ...

台湾での夕食は「肉大人 Mr.Meat 肉舖火鍋」へ。台北で火鍋?と思ったのですが、普通の火鍋屋とは一味も二味も違う感じがあり、1泊しかない今回の台湾旅行で何故か純粋な台湾料理ではないお店に行ってみました。 鍋は3種類あり酸白菜火鍋がメインで、他には発酵ニ ...

ウェスティンホテル東京を久しぶりに訪れました。東京新ホテル御三家ともてはやされていた時は「ザ・テラス」のビュッフェや「ザ・バー」でのカクテル、そして龍天門と結構な頻度で訪れていました。当時は「ウェスティン・ウェイ」というホテル独自のポイント会員組織があり ...

ザ・シャーウッド台北 ジュニアスイートルームの宿泊記、前回に続いてご紹介します。 バスルームはかなり広く取られており、もちろんバスタブとシャワーブースは別となっています。バスタブはかなり大型。ゆったりを足を伸ばして入浴することができます。バスソルトも用意 ...

今回の台北の宿はザ・シャーウッド台北。台北中心部にはIHG系やヒルトン系のホテルがなく(郊外にホリデイ・インはありますが1泊で郊外は避けたかったので除外)、オークラニッコー系は過去2回でそれぞれホテルロイヤルニッコー台北、オークラプレステージ台北に宿泊してい ...

ANAクラウンプラザ成田をチェックアウトして送迎バスで空港へ。 いつものJALファーストクラスラウンジへ。 今回は1Aです。 搭乗口はかなり遠いところ。 座席は今やプレエコにも劣るレベルのスカイラックスシート。特にシートの写真はありません。まあでも台 ...

IHG ANA系列ということで台北旅行の成田前泊はANAクラウンプラザに。IHGスパイア・エリートだからでしょうかSFCプランでスタンダードな部屋の予約にもかかわらず前回に引き続きコーナーデラックスの広めのお部屋をアサインされました。よく見ると階数も全く同じでした。以前 ...

バンコク旅行、帰りは成田行きの夜行便で。行きと同じくスカイスイート機材です。 このタイプの窓側は個室感が高いですね。 深夜便の場合、離陸後にアペリティフ的な簡単な軽食が配られますが、水平飛行になると同時に寝てしまったので次も起きた時には朝食の時間が始 ...

↑このページのトップヘ